乾燥肌は老化の初期症状という印象を受ける人もいます。基本的に乾燥肌の症状と共通していますが、必ずしも乾燥肌だからと言って老化の所為であるとは限らないのです。老人の肌と乾燥肌の具体的な共通点としては水分の減少がありますが、ヒアルロン酸不足による乾燥肌は可逆的な治療可能な症状のため、適切な対処を行えば再び保湿機能を回復できます。肌のバリア機能低下による保湿能力の現象が共通しているポイントですが、かゆみという症状も似通っています。

お風呂で体を洗う際に老人は体をゆっくりとタオルで擦りますが、これは過剰に擦るとバリアの代わりとなる層が大量に剥がれ落ちてしまうことがあるからで、この点は乾燥肌も同じで、ゆっくりと刺激を与えずにタオルで擦ることが大切です。

乾燥肌の硬質化による柔軟性の減少は、老人肌と同じで日常生活の面でさまざまな不便を強いられてしまうので、できるだけ早く対処法や治療法を見つけて解決することが大切です。

保湿クリームや加湿器などを使用することで、一時的に肌の水分不足やかゆみなどの症状を抑えることはできますが、根本的な部分で乾燥肌を解消するためには、皮膚細胞のバリア機能そのものを復活させることが何よりも需要な対処法です。

乾燥肌は主に冬にかけてお肌が乾燥し、ひび割れや炎症を起こす症状です。しかし最近ではエアコンによる室内の乾燥によっても発症するケースもあるため、冬に限定された症状ではなくなりつつあります。お肌にはさまざまなバリア機構が備わっていて、皮脂成分もその一つです。

水と脂は混ざることが無いため、皮膚の表面に皮脂があることで、内側の水分を適度に保つことができるのですが、乾燥肌の場合にはその皮脂成分が減少して、お肌の保湿機能が損なわれた結果生じてしまうのです。

水分が減少することでお肌のハリと潤いが無くなり老人の肌のように硬質化してしまうのですが、皮膚というものは手足を動かしたり表情を変えたりする際に伸縮するため、硬質化した角質層にひび割れが起きてしまいます。また、乾燥肌の症状はその見た目だけではなく、主にかゆみに悩まされる人も多いと言われています。

これも皮脂によるお肌のバリア層が減り、外的な刺激に対する防御機能が薄まるせいで、通常は皮膚表面で簡単に防がれるはずの刺激が、防御層を抜けてダイレクトに皮膚やその下の神経に伝わってしまうのが原因です。

こういったかゆみの症状が起きた時に注意するポイントとしては、痒いからと言ってむやみに?きすぎるのは、更に皮膚バリアを損なうことになり、刺激に対してますます敏感になるという悪循環に陥ってしまうので、なるべく掻かないようにして抗ヒスタミン薬などの塗り薬で応急処置するのが良いとされています。