乾燥肌と老人の肌の共通点

乾燥肌は老化の初期症状という印象を受ける人もいます。基本的に乾燥肌の症状と共通していますが、必ずしも乾燥肌だからと言って老化の所為であるとは限らないのです。老人の肌と乾燥肌の具体的な共通点としては水分の減少がありますが、ヒアルロン酸不足による乾燥肌は可逆的な治療可能な症状のため、適切な対処を行えば再び保湿機能を回復できます。肌のバリア機能低下による保湿能力の現象が共通しているポイントですが、かゆみという症状も似通っています。

お風呂で体を洗う際に老人は体をゆっくりとタオルで擦りますが、これは過剰に擦るとバリアの代わりとなる層が大量に剥がれ落ちてしまうことがあるからで、この点は乾燥肌も同じで、ゆっくりと刺激を与えずにタオルで擦ることが大切です。

乾燥肌の硬質化による柔軟性の減少は、老人肌と同じで日常生活の面でさまざまな不便を強いられてしまうので、できるだけ早く対処法や治療法を見つけて解決することが大切です。

保湿クリームや加湿器などを使用することで、一時的に肌の水分不足やかゆみなどの症状を抑えることはできますが、根本的な部分で乾燥肌を解消するためには、皮膚細胞のバリア機能そのものを復活させることが何よりも需要な対処法です。